スキップ・スキップ・ビート!

アクセスカウンタ

zoom RSS スキップ・スキップ・ビート! bQ9(side:京子)

<<   作成日時 : 2007/07/23 17:37   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

「あ…の…社さん?お、奥様は…?」

 奏海ちゃんの髪をかわいく三つ編みしながら、おそるおそる伺う。
 
 …昨夜「関係者データ」見て そりゃもう ものすっごく驚いた…!
 『社夫人』と、今夜の『もう一組のご夫婦』には…!!

「ああ、撮りがおしててね。『撮影所からレストランに直接行く』…ってメールがきたから。」

「じゃあ、いこう。もう一組のご夫婦、お待たせしては申し訳ないしね。」

「え、ええ。」

  フォーマルウェアに身を包んだ敦賀さんが、私に手を差し伸べる。
  この人…、本当にかっこいい。

「おいで、奏海。」「うん!」

  皓君が奏海ちゃんに声をかけ、優しく抱き上げる。
  皓君も思いやりのある素敵な男の子だし、奏海ちゃんも素直で可愛いし。

  絵に描いたような幸せ家族…。

  私だけ…『異分子』…!

  京子さんの中にいる…この…私だけが…!

  敦賀さんにエスコートされるまま、腕を組んでホテルの特別エレベーターで下に降りる。

「キョーコ。今日は、どの車にする?」

  敦賀さんが 手首に手を触れてなにやらボタンを押すようなしぐさをする。

  …やいなや!
  敦賀さんの手首の周りに 突然 太い腕輪があらわれた!
  透明なクリスタル製で、中に小さな車が5台見える…!?

(え!?…え!え!?…な、なに…これっ…!?)

「…父さん!」
  皓君が小声でささやき、ひじで敦賀さんをつついた。

「…あ…!」敦賀さんが、『しまった!』という顔をした。

  これ…は…!
  さっきの…CDと同じ…?

「これがいいわ。」

  その中から適当に赤いイタリア車を指した。
  心中の焦りを必死に隠し、さりげない笑顔を演じる。

「あ、ああ…。」
  ほっとしたように 敦賀さんが、赤い車の上に指を置く。

「ロック解除!」
  
  声とともに前方に ぽんっと その車が現れた!

「…っ!!!」

  社さんや奏海ちゃんの手前 驚くわけにはいかない!
  もう!必死にっ!なにげないふうを演じる!!

  腕輪から出てきた車は、敦賀さん一家&社さんを乗せて 普通に走る。
  運転席の敦賀さんの横で 頭の中はぐるぐるしていた!
 
  お、おそるべし!技術大国日本!!
 
  こ、こ、こんな 魔法のような道具まで できてるの!?
        
  動揺している間に、目的地のレストランについた。

「遅いわよ!キョーコ!」

  レストランに入ったとたん。
  入り口横、待ち合わせコーナーで聞きなれた声が呼びかけてきた。

  この…声!

「も、モー子さぁぁーーん!!」

  長い黒髪。コバルトブルーのタイトなロングドレス。
  胸元と腕にサファイアとダイヤのアクセサリーがきらめく。
  妖艶でゴージャスな美女ぶりだ!

「もー!あんたいくつよ!?なによ!子どもみたいに!」

  思わず ひしっとしがみついた私に モー子さんがかみつく。
  そういいながらも 表情は照れたように笑ってたから…。
  涙が出そうになった。

「京子さん、おひさしぶりです。」モー子さんの横に座っていた長身の青年が立ち上がった。
「お、おひさしぶりです!飛鷹…いえ、上杉君!」
「飛鷹でいいですよ。いまさら」苦笑いする彼に…。

 うっかり「ずいぶん、大きくなったわねー!」と 言いそうになった。
 小学校5年でも、2.3年生に見られていた ちびっこが!
 いまやモー子さんより 10cmは 高い!

 ほんと!昨夜、データ見たときは、びっくり仰天だったわよ!

 飛鷹君ったら!
 ちゃんと『初志貫徹』して、モー子さんを奥さんにしてるんだから!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

スキビ素敵サイトさま

スキップ・スキップ・ビート! bQ9(side:京子) スキップ・スキップ・ビート!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる