スキップ・スキップ・ビート!

アクセスカウンタ

zoom RSS 『出雲物語』〜こぼれ玉〜 bP1(side:楓)

<<   作成日時 : 2008/02/22 19:39   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

「…玉藻様…?」

 渡殿の途中で ぴたりと 玉藻様のお足が止まってしまった。

「〜〜!!」

 3日前より やややつれた 真っ青なお顔

 大きなお目から ほろり 涙の粒がしたたる。

「玉藻様?」

「…な、なんでもないの!」

 震えながら
 一歩踏み出されたお足がよろめき そのまま座り込まれてしまった!

「玉藻様!!」

「…ご、ごめんなさい…!」

 ぽろぽろぽろぽろ 涙を流されながら 動けない玉藻様を しっかり抱きしめる。

「お部屋に戻りましょう!」

「…え?」

「か、楓様!?」

「帝には 玉藻様は お加減がお悪うございますので 今宵はお渡りできません!…と
お伝え申し上げますから!私が!!」

 あんのバカ男!

 かよわい少女 こうまで 怯えさせて!!

「まぁ…生まれて初めての恋で…ご本人にも 歯止めがきかないようだから…」

 なんて 兄が 溜息はきながら つぶやいていたけど!

 玉藻様の お心は どうなるのよっ!

「…だ、だめよ…楓が…お主上のお怒りを…」

「そのような…」

 だんだんだんだんっ

 廊下を足音高く踏みしめる音が 渡殿の向こうから近付いてきた。

「玉藻!!」

「帝!お待ちを!」

 帝と…お兄様!?

「玉藻!?どうしたのだ!?」

 帝が 玉藻様の所に駆け寄ってきた。

 私から奪うようにして ご自分の胸に抱きしめる。

「なかなか 来てくれないから 迎えに来たのだよ。あまり じらさないでおくれ。」

 〜!!

 た
 たかが

 5分くらいのものでしょうが!!

だいいち!
 誰のせいだとおもってるのよっっ!!!!!

「帝!」

 思わず荒げた声は、どうやら お耳に届かなかったようだ!

「さあ、おいで。」

 言うが早いか さっと 真っ青になって震える玉藻様を抱き上げた。

「み、帝!お待ちください!玉藻様は…」

 私の声など まったく無視して さっさと 寝所に向かっていく。

「み、帝!」

「楓…」

「お兄様!止めてください!!」

「1日や2日 我慢させたところで…その後 玉藻様が もっと 辛い思いなさるだけだ…」

「〜!」

「だ、大丈夫!翌朝には ちゃんと お部屋にお戻しする…と 上皇様方に 誓われたから…」

「それの どこが 大丈夫なのよ!!」

 役立たずな兄に 言い捨てて
 急いで 狼男にさらわれた玉藻様のお後を追う。

 もう 寝所に 閉じこめられてしまったかも…!

 あせって 寝殿に向かう道筋
 廊下の角の向こうから 男の声が聞こえてきた。

「ごらん 玉藻。望月(満月)だよ。」

 …帝の お声?

 不思議に思いながら 角を曲がる。

 廊下のきざはし
 玉藻様を お胸の中に抱きしめて 座っておられた。

 …。

 意外!

 てっきり 
 この獣(けだもの)のことだもの
 即 あわれな子兎 寝所に引っ張り込むかと…。

「宮中では、ここが、最も月見によい場所なのだ。月光に紅葉が輝いて美しいだろう?」

「…は、はい。まことに…。」

 帝の優しい語りかけに 玉藻様が おずおずとお答えになる。

 静かに 側に座して そっと お伺いを立てた。

「帝、よろしければ 酒肴など…」

「ああ。頼むよ、楓。」

「かしこまりました」

 ふぅ
 
 よかった!

 帝も 少しは 人としての心が おありのようだ!!

 さて!

 玉藻様が お好きそうなものを なにか見繕ってこなくては! 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こぼれ玉みーつけた。。。なりふり構ってられない帝が いいですね。なんだか可愛いです。こぼれ玉も 惜しみなく所顕ししてくださいませ。楽しみにしています。
かっこう
2008/02/23 21:40
ことりん様がようやっと観念(?)してこぼれ玉を次から次へと載せてくれて、笑いが止まらなくなってますw執念の勝利!!!
あら帝、脳味噌まで筋肉ではなかったのですね(笑)
玉藻ちゃんも帝のこういう一面を見て、だんだん心を解いていったんだろうな・・v今までこんなにまであからさまに(暑苦しい)愛をぶちまけてくれる人はいなかったでしょう。千早のときは千早の両親が目を光らせてただろうし。
(こういうところを見ると、やっぱり蓮には立派にクーの血が流れてるんだな〜と納得もしちゃいます)
李那
2008/02/24 03:16
かっこうさま 李那さま
 恥を忍んで 出てます ころ…ころ…と
 きっと 蓮さまファンの方に 怒られると思いつつ… ;−;

 こんな帝を「かわいい」と言ってくださる かっこう様のお心の広さにじーん…
 李那さま…せっかく感心してくださってたのに…すみません こんな流れで…

 続けていいんでしょうか?ホントに!( ;)
ことりん
2008/02/24 21:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

スキビ素敵サイトさま

『出雲物語』〜こぼれ玉〜 bP1(side:楓) スキップ・スキップ・ビート!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる