スキップ・スキップ・ビート!

アクセスカウンタ

zoom RSS 『出雲物語』〜こぼれ玉〜bP4(side:政親)

<<   作成日時 : 2008/02/28 19:35   >>

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

「ああ 格子は 1枚だけ 上げたままに。折角の 名月だ。堪能したい。」

 格子を下げに来た女房に命じる。

「かしこまりました。」

 女房が下がっていき、虫の音が月夜の庭に響く。

 先ほど 褥に横たえたばかりの玉藻を 月の明かりが照らし出している。

 つややかな髪が 月明かりに輝きながら 広がっている。

 やわらかいほほが ほんのり赤い。そっと手で触れれば ほのかに熱い。

 起こさないよう そっと抱きしめて 口づける

 甘くて やわらかい 唇に! ほほに! 細いのどに!

 …私のもの

 私のものだ!

 もう 私だけの!!

 慎重に 口づけを深めていった。

画像


「…そなたの気持は よく わかりました…。」

「母上!」

「…ですが…!女として 出雲の巫女姫のお気持ちも よくわかるのですよ!!」

「…!」

「男から見ても…そなたのやりようは あまりに まずい!怯えさせるだけだ!」

「ち、父上!!」

「巫女姫のお心も お望みならば ちゃんと努力なさい!」

「少しでも お心をほぐしてくださるように努めねば 巫女姫は 生涯 おまえに
 心開かぬまま ご不幸な境遇になられるのだぞ!」

「た、玉藻を 不幸になど!生涯 大切にして どのような贅沢でも!!」

「たとえ 玉の台に寝ていても 心染まぬ夫が横にいれば 針のむしろです!」

「…!!!」

「まぁ…まずは…この3日間で抱いた恐怖心を少しでも 和らげていただくことが肝心だ。」

「…どう考えても 順序が逆ですが…いたしかたありませんね!」

「ど、どうやって…」

「政親!!」

「は、はい!」

「そなたは 12の頃から 総計24人も 妃を 持っているのだぞ!」

「…私が望んだことではありません!」

 24人の妃の 誰一人として!

 皇位継承を巡ったごたごたで

 伯父上とか 祐規とか
 父上とかに いくはずだった女達全員が 私一人に 押しつけられたんだから!

「そのうち…少なくとも5人は 本来なら 父上の後宮に入るはずの…。」

 男盛りの壮年で
 さっさと 譲位してしまうから こんなことに!

「そ、そのようなことは どうでもいい!要するに 女性には なれてるはずといいたいのだ!」

「は…」

 …なれてますとも 思いっ切り!

 なにしろ
 24人中 8人は 私より年上
 
 むしろ こちらのほうが
 手ほどきしてもらったようなものだ!

「では その豊富すぎる経験を生かして 考えろ!
 少しでも 怯えさせずに すませる方法を!」

「いいですか?!ちゃんと 『翌日』の『朝』お部屋にお戻しするのです!…さもないと…。」

「さ、さもない…と?」

「巫女姫殿を 我等の院御所にお引き取り申し上げ 二度と そなたには 会わせません!」

「なっ!?」

「ちょうど 娘がほしかったのだ。それはそれで 楽しみなことよ。のう、典子!」

「ええ!こんな無骨な男一人しか生めなくて 寂しかったですから。嬉しいですわ!」

「わ、悪うございましたね!無骨で!!」

 ご、ご自分で お産みになっておいて!

「まぁ そういうわけだ。そなたが 失敗したらしたで いっこうにかまわん。」

「ええ!娘として 慈しんでお育ていたしますゆえ ご安心なさいませ。」

「できますか!!!」

画像


 …っったく!!!

 思い出すと はらわたが煮えくりかえる!

 紛れもなく 本気だった!あのお二人は!!

 …『怯えさせるな』…か。

 月明かりの中に浮かぶ 愛しい少女の姿を見つめる。

 真っ青になって おびえていた 先ほどの姿。

 おびえられ…。
 怖がられている…!

 恐怖に背筋が寒くなった!

 嫌われる!

 生涯初めて 心から愛する ただ一人の女性に!?

「…ん」

「…!」

 はっとして 唇を離す。

 しまった!

 起こしたか!?

「んん…」

 再び
 すぅっと 寝息が聞こえて ほっとする。

 よかった!
 彼女が 酒に弱くて!

 我ながら 姑息とは思うが
 今は こういう手段しか 思いつかない!

 何人 妃がいても 役には立たない!!

 自分で どうしてもほしいと思ったのは 玉藻が初めてなんだから!

 でも
 これだけは 言える

 どれほど おびえられ 嫌われても

 私は
 玉藻を 離さない!

 どうしても 離せない!!

 離せないんだ!!

 もう
 どうしても!!

イラスト「萩の月」「夕顔」(『十五夜』様より)
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ふと思ったのですが…

>たとえ 玉の台に寝ていても 心染まぬ夫が横にいれば 針のむしろです
…って、本編の初めの段階で蓮さまに言える人がいたら、
キョーコちゃんももっと早い段階で蓮さまの気持ちに気づいたのかしら?と。
お姫様ベッドやその他部屋のリフォームをお金かけたけど
未だに蓮さまの心を理解していないもんね…。
ゆきぶ〜
2008/02/29 03:37
ゆきぶ〜様 いつもコメントありがとうございます。

 ええ…そうですよね。
 蓮様の努力は あまり報われてるとは言い難いです。^-^;

 ですが
 少なくとも ライバルの接近を阻止するのは 成功してるのです!…たぶん… ;−; 
ことりん
2008/03/01 21:35
コメント残しそびれてますが、こぼれ玉楽しく拝見させて貰ってますvv

政親…やりすぎ…です!誰から見ても(-△-;)
まだ小さな玉藻ちゃんに…は…辛いよ〜!
もう少し手加減を〜(>_<)
玉藻ちゃ〜ん!!お姉さんが助けてあげたいよ!笑。
コン
2008/03/01 22:23
コン様
いつもありがとうございます♪ *^-^*

この別館は、Top絵も挿絵も全面的に コン様に 頼り切っております ><;
本当にお世話になっております!!

政親帝は 遅く来た初恋に とち狂ってしまった状態です…。

長い目で見てやってくださいませ m(_ _)m;
ことりん
2008/03/04 20:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

スキビ素敵サイトさま

『出雲物語』〜こぼれ玉〜bP4(side:政親) スキップ・スキップ・ビート!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる