スキップ・スキップ・ビート!

アクセスカウンタ

zoom RSS 『出雲物語』〜星花玉bQ〜(side:楓)

<<   作成日時 : 2008/08/18 18:51   >>

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

「玉藻…こちらにおいで。」

「…は?」

 ご政務を早めに終えられ
 いつものように 玉藻様のお部屋に直行された帝が

 御簾の外から 縁側に 玉藻様を招ばれる。

 …お珍しい…!

 いつもなら
 早々に人払いして 即 玉藻様ともども 御簾に引き込まれるのに…!

 おずおずと
 玉藻様が 御簾から出てこられる。

 その小さなお手を うれしそうに握り締めて
 帝が さっとご自分の腕の中に 閉じ込められた。

「寒くはないか?」

「は、はい…。」

「立后前の大事な体だ。私のそばを離れてはならぬよ。」

「…は。」

 やさしく見つめられて
 玉藻さまのお顔は 真っ赤だ。 

 よかった

 心中で深く安堵する

 後宮に こられた当初
 帝におびえて 泣いておられたのが嘘のよう

「ほら 空を見上げてごらん。」

「…そ…ら…?」


 けげんそうに 玉藻様が見上げられる。

 パチン

 帝が 縁から空中に向かって 音高く扇を鳴らされた。

画像


「…まあっ…!?」

 たちまちに
 紅・白・桃…たくさんの花が 空から降ってきた!

 とっさに伸ばした玉藻様のお手に
 ふわりと乗った花一輪…は…からたちの花…?

「まっ、こ、これは!?」

「なんと 不思議な…!」

 玉藻さま付の女房たちも 驚きの声を上げた。

「素敵です…政親さ…!!」

 うれしそうに
 帝のほうを 振り向いた玉藻様が たちまち顔を曇らせる。

「…ど、どうかしたか…玉藻?」

 ん?

 な、なにか
 お。お気に召さないことでも!?

「お指に…引っ掻き傷…が…。」

「え。あ、ああ!ちょ、ちょっと 猫に…」

「…ご装束にも…細かなかぎざきが…。」

「い、いたずらな猫…で…!?」

 みるみる
 玉藻様の大きなお目に涙がたまる。

 …のを見られて
 帝は 見るからにあわてふためきだされた。

「た、玉藻!?」

「…か、からたちには トゲがあります!と、尊いお方が 自ら摘まれるなど…!」

 最後まではお言葉にならずに
 ぽろぽろぽろぽろ 涙をこぼされている。

「…玉藻…。」

「わ、私などのために…玉体にお傷…」

「玉藻」

 ぎゅっと
 帝が 玉藻様を抱きしめられる。

「実は…女官に教わって…花冠も作ってきたんだ…。」

 花を編んだ冠を そっと玉藻様の頭に飾られる。

「…あ…。」

「玉や金銀より…このほうが きっと そなたは 喜んでくれる…と 思ったんだが?」

「は、はい!それは、もう!で、ですが…!」

「ほかの誰にも 渡したくなかったんだ。この贈り物を用意する役は…。」

「まさ…ちか…さま…。」

「さあ、泣かないで見てておくれ。もう一度 降らせるから。」

「は、はい…。」

 ようやく
 玉藻様の顔に笑みがもどる。

 ふたたび
 帝の合図で 花が降ってきた。

 紅・白・桃
 それぞれの花が
 ぞれぞれの色に輝いて
 
 あざやかに 夕日を受けてきらめいていた。

「…政親さま」

「ん?」

 ちゅっ

「た…たま!」

「…お礼…です…。」

 真っ赤な顔で 玉藻様がうつむかれる。

「…玉藻…。」

 そっと 帝が玉藻様を抱きしめられた。

画像


 夕日が 一段と赤みを増して輝いた。

 互いに寄り添って
 花の雨を見守る 一対の夫婦を やさしく寿ぐように…。

イラスト「君のために贈る 花の雨」「ごほうび」【画「星屑と花びら」(采緋様)】画像

 この『星花玉』は「星屑と花びら」管理人様が描かれたイラストに合わせてつづっていく
 『出雲物語』番外編です。m(_ _)m 采緋様の素晴らしいイラストのイメージ壊さないか
不安ではありますが、少しでも お楽しみいただければ幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

スキビ素敵サイトさま

『出雲物語』〜星花玉bQ〜(side:楓) スキップ・スキップ・ビート!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる