スキップ・スキップ・ビート!

アクセスカウンタ

zoom RSS スキップ・スキップ・ビート! bS3(side:尚)

<<   作成日時 : 2007/09/22 18:12   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

一瞬 自分の目が どうにかなったのかと思った…!

「…キョー…コ…?」

夢か?夢を見ているのか!?

せっかくキョーコと同じ宿 手配したのに…

敦賀のヤツ!オレが同じホテルにいると知ったとたん!さっさとひきはらいやがって!

ヤツのガードが堅くて…もう…どうにも 逢えるスキが見つからないまま…だったのに!

向こうから 逢いに来てくれる…なんて…!?

しかも…!

「本当に申し訳ございません。せっかくご指名頂いてましたのに…
 当LMEのタレントが体調不良で来られなくなりまして…」


 丁寧に頭を下げる。

『世界の妖精』ともてはやされていても、
その謙虚さは新人の頃と少しも変わらない、
どんな相手にも決して礼は欠かさない…

 評判通りの 文句のつけようのない挨拶だ!

「そのタレントさんと私、背格好がよく似ているそうで…」

当然だ!

おまえのイメージに似た女探したんだ!必死で!

…シルエットだけだが…な!

「当初のタレントさんには、遠く及ばないとは思いますが…
どうか、オーディション受けさせて頂けませんでしょうか?」


「い、いや!そんな!オ、オーディション…なんて!」

芸能界にいても、『世界の妖精』と接することのできる幸運な機会なんてめったにない!

呆然と見とれていたプロデューサーが はっと我にかえって、うわずった声で答える。

「こ、光栄です!お願いします!ぜひ!!」

…もともと…キョーコのイメージで作った曲だ…と みんな承知している。

ガラス玉の代わりにダイヤモンドが飛び込んできたんだ…。

舞い上がるのも…無理はない…。

「よかったです。ありがとうございました。」

優しい微笑みに スタッフ一同が ぼーっと見とれている。

「よろしくお願いします。不破さん」

キョーコが まっすぐオレの目をみつめて挨拶をしてきた。

「…こちらこそ…」

おまえ…この仕事の絵コンテ…見た…のか?

いいのか!?オレとこんなシーン撮っても!!

その瞳に問いかけた。

ふっと キョーコがほほえんだ。

優しく どこか 切なそうな眼で…。

「お礼よ。あの曲の…」

…え…!?

「がんばりますから…私…」

みんなにも聞こえるような声で
明るく挨拶をして キョーコは用意された控え室に消えていった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

スキビ素敵サイトさま

スキップ・スキップ・ビート! bS3(side:尚) スキップ・スキップ・ビート!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる